最強カメラアプリCamera+の使い方 – 撮影編 | iPhone 4s カメラ アプリ紹介

Posted by papa in Camera+, iPhone, iPhone カメラアプリ紹介

たくさんのカメラアプリを使ってみましたが、Camera+は最もシャッターチャンスに強いカメラアプリです。使い方によってはコンデジや一眼レフカメラにも勝ることさえあるぐらいです。それがこれからご紹介するサインは「V」撮影法です。

初期状態

Camera+を起動するとオートフォーカスモードになります。中央付近で自動的にフォーカスと露出が合うようになります。標準カメラアプリと同様です。

フォーカスエリア指定

指でタップしてフォーカスと露出を合わせるエリアを指定します。これも標準カメラアプリと同じですね。この難点は、フォーカスを合わせたい場所で明るさが決まってしまうことです。ここにピントを合わせたいけど、全体はもっと暗くしたい、といった要望には次の個別指定で対応します。

フォーカス/露出の個別指定

フォーカスエリアの右上に+アイコンがあります。これをタップすると絞りを表す円形のエリアが出現します。四角いフォーカスエリアと円形の露出エリアをそれぞれ移動させて別々に指定することができます。

ごらんのように、絞りエリアを移動させることで写真の明るさがコントロールできますね。暗いエリアに置くと写真が明るくなり、逆に明るいエリアに置くと写真は暗く補正されます。これを利用すると、標準カメラアプリではできなかった明るさの補正が撮影時に行えるようになります。

サインは「V」撮影スタイル
実はここまでの機能はCamera+の他にも「プロカメラ」などのアプリでも対応しています。では、Camera+最大の利点は何かというと「二本指同時タップ指定」です。正確には、最初のタップでフォーカスエリアが、続いて別の指のタップで露出エリアが出現します。つまり指でVの字を作り、フォーカスしたい場所と明るさをコントロールできそうな場所を見つけてダブルタップ、指を滑らせて露出エリアを移動させて露出補正を行い、決まったら親指でシャッターという流れるような撮影が可能です。

この写真は、Yurika*が車の中から動く被写体を二本の指で追い、しかも一瞬で捕らえた写真です。一眼レフには動体予測AFというものがありますが、Yurika*を見ているとこっちの方が早いんじゃないかと思えてきます。Camera+は他のカメラでは得られない強力な撮影スタイルを実現してくれるのです。

ホワイトバランスのロック

最後にホワイトバランスについて。画面左下に「WB」というボタンがあります。これをロックの(鍵がかかった)状態にするとホワイトバランスが固定されます。使い道は様々ですが、例えば蛍光灯などの下でホワイトバランスをロックしておき白熱電球に照らされたものを撮ると、見た目に近い暖色系の写真が撮れます。ロックしないとオートとなり、できるだけ白いものを白く補正するため、白熱電球の雰囲気はかき消されてしまいます。有効に活用しましょう。

最強カメラアプリCamera+の使い方 – 設定編」も併せてご覧ください。

関連するページ:
最強カメラアプリCamera+の使い方 – 設定編
最強カメラアプリCamera+の使い方 – 撮影編
さらに最強!Camera+3の超べんりな追加機能解説
Camera+ vs プロカメラ どっちがいいの?カメラアプリ頂上対決!
君は知っているか!Camera+とPro HDRの連携がグレートなことを!

紹介アプリ:
Camera+   App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥85

Leave a Comment

Your email address will never be published or shared. Required fields are marked with an asterisk (*).